Dinosaur FACTory(林原自然科学博物館 ダイノソアファクトリー)

おすすめサイト

恐竜の定義

恐竜とは今から約2億年前に地球上に出現し約6550万年前の白亜紀に、突然姿を消した巨大生物です。 約1億6000万年もの間繁栄し続けていました。地球の歴史の中でこれほどの長期間繁栄し続けた生物はいないと言っても過言ではないかも知れません。

その絶滅の原因はメキシコ・ユカタン半島で起きた地球外天体の衝突(巨大隕石の落下)だという説が一般的にもっとも有名ですが、実際は様々な諸説があり確実性はありません。

"恐竜"という名前の由来

恐竜は、英語:名では dinosaur といいます。これは、古典ギリシア語で、「恐るべき、驚異の」 + 「とかげ」の合成語になっており、1841年、それまでに発見されていた3種の化石爬虫類(イグアノドン、メガロサウルス、ヒラエオサウルス)の新しい分類名として、リチャード・オーウェンによって命名されたものです。 日本語「恐竜」はその訳語。「とかげ」を1字で表現できる漢字がないため、「竜」をあてたというのが通説です。

通俗的には、「恐竜」という言葉は往々にして「大昔の爬虫類」という程度の把握しやすいイメージで理解されており、同じ地質時代に生息していた翼竜や魚竜・首長竜のほかに、古生代に生息していた哺乳類型爬虫類なども含めた概念として呼ばれる場合が多いです。いわゆる“恐竜展”や子ども向けの“恐竜図鑑”などではこれらの爬虫類以外に、恐竜絶滅後の生物(マンモスなど)もまとめて展示、掲載するものがよく見られます。

いっぽう、学術用語としての「恐竜」は、地表に生息しているもののみを指し、系統的に異なる翼竜、魚竜、首長竜などは一切含めていないので、通俗的な認識とずれている面があります。

管理者お気に入り