Dinosaur FACTory(林原自然科学博物館 ダイノソアファクトリー)

おすすめサイト

恐竜をめぐる文化

恐竜はその大きさゆえに「強い」「恐ろしい」「残忍」などのイメージが一般的である。小学生や古生物マニア等には人気の生物で、デパート等が客寄せに恐竜展などを開催することもある。

いわゆる怪物、怪獣は空想上の化け物であるが、特に爬虫類の姿をモチーフにした大型の怪物は洋の東西を問わずポピュラーであり、竜やドラゴンがその例である。これに近世になって知られるようになった恐竜を見て取る声もある。「恐竜が現在に姿を現したら?」という想像は多くの人々を魅了した。そのごく初期の例がコナン・ドイルの『失われた世界』である。同様の発想から作られた映像作品は特撮にひとつの流れを作り、怪獣映画を生み出した。いわゆる怪獣には恐竜をモチーフにしたものが多く知られる。日本の怪獣のうち、たとえばアンギラスはアンキロサウルス、ゴロザウルスはアロサウルスと、それぞれ実在の恐竜に由来するという設定である。

1990年には、作家マイケル・クライトンが遺伝子工学により恐竜を現代に蘇えらせるという小説『ジュラシック・パーク』を発表、スティーヴン・スピルバーグによる映画版ではILMの製作したリアルなCG恐竜が話題を呼び、世界中に恐竜ブームを巻き起こした。以後その続編や『ダイナソー』『ウォーキングwithダイナソー〜驚異の恐竜王国』などのCG恐竜映画が製作され、他にもCMやPVなど3DCG作品において恐竜(特にティラノサウルス)は定番のキャラクターのひとつとなっている。

恐竜映画

  • アイス・エイジ3/ティラノのおとしもの

  • 失われた世界 (1960年の映画)

  • おかしなおかしな石器人
  • おまえ うまそうだな

  • 紀元前百万年
  • 恐竜100万年
  • 恐竜ガーティ
  • 恐竜・怪鳥の伝説
  • 恐竜グワンジ
  • 恐竜時代

き の続き

  • 恐竜大行進
  • 恐竜の島
  • 恐竜の惑星
  • 極底探険船ポーラーボーラ

  • 原始怪獣ドラゴドン

  • 最後の海底巨獣

  • ジュラシック・シティ
  • ジュラシック・パーク

  • 続・恐竜の島
  • それいけ!アンパンマン 恐竜ノッシーの大冒険

  • ダイナソー (2000年の映画)

  • 地底王国
  • 地底探検 (1959年の映画)

  • トカゲ特撮
  • ドラえもん のび太と竜の騎士
  • ドラえもん のび太の恐竜
  • ドラえもん のび太の恐竜2006
  • ドラミちゃん ハロー恐竜キッズ!!

  • 爆竜戦隊アバレンジャー DELUXE アバレサマーはキンキン中!

  • マーシャル博士の恐竜ランド

  • REX 恐竜物語

  • ロスト・ワールド (1925年の映画)

管理者お気に入り